メディオスターNeXTが短期間・少ない回数で終わる理由。

メディオスターNeXTの効果。短期間・少ない回数で終わる理由。

メディオスターNeXTはどうして少ない回数で済むの?効果が高いって本当?

 

 

「メディオスターNeXTは効果が高いって言うけど、今一つピンときません。回数が少なくて短期間で終わるらしいけど、どうしてですか?」

 

 

 

ども、六條です。

 

わたしもメディオスターNeXTの開発したわけじゃないけど、調べた事、カウンセリングに行って聞いたこと、実際に自分で体験した事を今ワカル範囲でお話しますね。

 

 



動画でもお話してみました♪

 

 

 

 

 

脱毛の仕組みの話なので、まずは体毛の生える仕組みについて軽くおさらいします♪

 

まずはこの3つをおさえてね。

 

・体には数多くの毛穴がある

 

・毛が生えているのはその中のごく一部から。残りの毛穴は休んでる。

 

・脱毛は現在生えている毛穴にしか効果が得られない

 

 

当たり前と思っている人もいるのだけど、この3つが大事なとこね。

 

 

 

先にメディオスターじゃない、従来のレーザー脱毛の仕組み。

 

■例えば、毛穴が100個あるとして、生えているのは20個。残りの80は寝てるお肌の場合。

 

・毛穴100個中

 

脱毛された毛穴 0個
生えている毛穴20個
休んでいる毛穴80個

 

 

脱毛は現在生えている毛にしか効果がないので、どんなに頑張っても今すぐ脱毛が可能な毛穴は20個。残りの80は毛が生えてくるのを待たなくてはならない。

 

 

一度レーザーを照射した毛穴は毛が抜けて、そしてまた別の毛穴から新しく毛が生えてくる。

 

ここで1本2本しか生えていない状態でレーザー照射しても1本2本しか脱毛されないので非常に勿体ない。

 

なので大体生え揃ってくるまで待ってから次の照射をするってわけ。

 

 

ちょっと流れを図で見せてみるね♪

 

 

 

■初回・・・毛穴100個中

 

脱毛1回目

 

脱毛された毛穴 脱毛された毛穴 0個
生えている毛穴 生えている毛穴20個
休止している毛穴 休んでいる毛穴80個

 

 

■2回目・・・毛穴100個中

 

脱毛2回目

 

休止している毛穴 脱毛された毛穴20個
休止している毛穴 生えている毛穴20個
休止している毛穴 休んでいる毛穴60個

 

 

■3回目・・・毛穴100個中

 

脱毛3回目

 

休止している毛穴 脱毛された毛穴40個
休止している毛穴 生えている毛穴20個
休止している毛穴 休んでいる毛穴40個

 

 

■4回目・・・毛穴100個

 

脱毛4回目

 

休止している毛穴 脱毛された毛穴60個
休止している毛穴 生えている毛穴20個
休止している毛穴 休んでいる毛穴20個

 

 

■5回目・・・毛穴100個

 

脱毛5回目

 

休止している毛穴 脱毛された毛穴80個
休止している毛穴 生えている毛穴20個
休止している毛穴 休んでいる毛穴 0個

 

 

ここで最後のレーザーを照射したら残り20個をやっつけて晴れてツルツル♪

 

 

と、

 

 

もちろん実際はここまでうまくはいかなくって、多少残るし、人よっては休んでいる毛穴が多くって、もっと回数が必要だったりする。

 

 

この辺はどうしても、やってみないと分からない点ですね。

 

 

正確に言うと、毛が生えていても、成長期の毛じゃないとあんまり効果が出ない。

 

あと、生えたての細すぎる毛も効果が薄い。

 

 

 


動画でもうちょっと詳しく解説してみました。

メディオスターNeXTの効果が高く短期間・少ない回数で終わる理由

 

レーザーで脱毛が可能なのは、毛根の黒い色にレーザー光を吸収させたら高熱が出るから。

 

その高熱で毛を生やす組織を破壊して二度と毛が生えないように狙う仕組み。

 

参照:どうしてレーザーで脱毛が可能なの?

 

 

 

従来のレーザー脱毛は成長期の毛じゃないと効果が出なかった

 

レーザー脱毛は毛根部分に毛を生やす組織が活発に活動しているタイミングじゃないと効果が出にくい。

 

 

絵がヘタでゴメンナサイ。汗


成長期の毛
特に効果が出るのは成長期の毛根部分にある毛乳頭などの毛を生やす組織が活発な間。

 

 

活動が終わると毛を生やす組織の細胞自体が減る。

 

 

成長期が終わると毛根がその毛を生やす組織から切り離されて、浮いてきて、最後には毛穴から排出される。

 

レーザー脱毛は毛根にレーザー光を集めて高熱を出す方法なので、毛根部分がピッタリ毛穴の底についていないと効果が出ないよね。

 

 

退行期の毛

 

 

逆に生え変わりで生えたての毛も細いのでレーザー光を吸収出来る量が少ない。

 

なので熱が出にくくって毛は脱毛されにくいって言われているわけ。

 

 

 

メディオスターNeXTの脱毛の流れはほぼ同じだけど、少しだけ仕組みが違うので毛周期にピッタリ合っていない毛や産毛も脱毛出来たりします。

 

 

 

毛周期に合わせて通うのは従来機と同じです。

 

でも、従来機では脱毛されにくかったタイミングでも脱毛が可能になっています。

 

引き続き説明させてくださいね♪

 

 

メディオスターNeXTが従来のレーザー脱毛と違う点

 

メディオスターは毛穴の入口近くにある、

 

 

「バルジ領域」

 

 

というところに作用するので、例え毛の成長期が終わって抜け始めていても、効果が出る。

 

 


(上にあるのと同じ動画です♪)

 

 

大体60℃以上くらいになればOK。その毛穴の毛の生え変わりは止まってもう生えてこなくなる。

 

参照:「メディオスターNeXTのまとめ」

 

 

メディオスターNeXTの脱毛効果は、毛穴の一番奥にある「毛を生やす組織」自体には関係無いってこと。

 

 

退行期の毛

 

 

狙いは浅い部分なので毛が浮いててもOK。

 

 

 

メディオスターNeXTが薄い毛でも脱毛効果が高い理由は?

 

レーザー脱毛は毛の黒い色にレーザー光を吸収させて熱を出す方法。

 

太い毛はたくさんレーザーを吸収出来て高熱が出るし、薄い毛、細い毛はあまり熱が出ない。

 

なので従来のレーザー脱毛では薄い毛、細い毛は脱毛されにくかった。

 

 

でもメディオスターNeXTは、従来のレーザー脱毛機ほどの高出力は不要。

 

バルジ領域を60℃ちょっとに温めればいいだけ。

 

この程度の熱ならば、細い毛でも出せるので、毛の太さに関わらず脱毛が可能。

 

 

 

毛乳頭を破壊するほどの熱も不要で、バルジ領域を大体60℃くらいに温めてあげればいいので、細い毛でも問題なく脱毛が可能。

 

 

 

今まで脱毛されにくかった毛

 

・退行期の毛
・産毛、生え始めの細い毛など

 

 

 

今までは脱毛されにくかった、脱毛されていなかった毛にも効果が出るので、メディオスターNeXTは短期間で、回数も少なく脱毛が可能になったってわけです♪

 

 

 

関連ページ

ソプラノ脱毛とメディオスターNeXTはどう違うの?
メディオスターNeXTもソプラノ脱毛も、いずれも痛みが小さい脱毛として注目されている医療脱毛です。しかし、メディオスターの方が優れている点が多いと思います。もちろんそれぞれ少しずつ特色が違うので、希望や料金などの条件に合わせて失敗の無いように選んでくださいね。
メディオスターNeXTがダイオードレーザーってどういうこと!?
メディオスターはダイオードレーザーだけど、ダイオードレーザーが全部メディオスターではありません。ダイオードと他の脱毛レーザーについて分かりやすくお話しますね。
医療脱毛をメディオスターNeXTに乗換えて問題ない?
今まで医療脱毛に通っていたけど、脱毛機をメディオスターNeXTへ乗換えしても問題ない? 乗換えは可能ですけど、ひとつだけ注意点があります。
ジェントルマックスとメディオスターNeXTの違いは?どっちがいい?
脱毛効果に関して特徴があるジェントルマックス。メディオスターとどう違う?ジェントルマックスによるメリットはあるの?