毛抜きでムダ毛を抜くのがやめられない

毛抜きでムダ毛を抜くのがやめられない。ダメとわかってても。

毛抜きをやめたいのにやめられない。毛を抜くのをやめる方法はないの?

 

毛抜きをしてはいけない最大の理由

 

毛抜きのムダ毛処理は出来るだけしないようにオススメしているのだけど、その一番の理由が

 

 

毛を抜くのをやめられなくなる

 

 

ってこと。

 

 

経験ない人から見れば

 

 

「単にやめればいいじゃない?」

 

 

って思うのだけど、これがクセになると結構難しい。

 

 

わたしも抜いてました。

 

最初はムダ毛の見た目がイヤで抜いていたのだけど、そのうち毛を抜くことが目的になってしまっていました。

 

とにかく少しでも肌から毛先が出ていたら毛抜きを手に取るし、いつの間にか毛がないか探してる。

 

 

ヒステリーの一種かな?

 

 

もうね、毛穴が炎症起こしても痛痒くなっても、肌が赤くなっても黒くなっても硬化しても止められない。

 

 

悪いと分かってても止められない

 

明らかに毛を抜くのが悪いと分かっているのに、少しでもチクっときたらもう、何も考えられずに毛抜きを取って抜いてた。

 

毛を抜くまで気がすまないというか、

 

「痒い部分をかきたくてたまらない」

 

みたいな感じに似てるかな。もう何も考えられない。

 

 

毎日肩もこるし、2時間3時間といつの間にか時間が過ぎてしまって、

 

「これまマズイ」

 

って思って毛抜きを捨てた。

 

 

だけども、

 

それで終わらなかった。

 

 

 

結局脱毛に行くまで治りませんでした。

 

やっぱりチクチクしだした毛先を見つけては、毛抜きがないので爪でなんとか挟んで抜いてた。

 

爪で毛を抜くのって結構難しいので、わたしの特技かも。笑

 

結局毛抜きを買って引っこ抜くまでおさまらない。

 

そんなわけで結局、脱毛に行くしかなくなったのです。

 

 

毛抜きで汚くなった肌が戻るまで、大体2年くらいかかったかな〜って思います。

 

 

もちろん、クセになる人とならない人がいるはずだけど、クセになるとなかなかやめられない。

 

肌に深刻なトラブルが起きてもやめられない。

 

たぶん依存性みたいなものなんじゃないかな。

 

 

※髪の毛や眉毛、まつ毛とか、一般的には必要と思われている毛に関しては抜毛症の可能性が高いです。

 

参照:「抜毛症とは?」

毛抜きがやめられなくなったらどうしたらいい?

 

ここではムダ毛を抜くのがやめられない場合の話をするけど、それってやっぱり脱毛に行くのが一番だと思う。

 

 

抜毛症とかだと髪の毛を抜いたり、眉毛やまつ毛を抜いたりするよね。

 

毛を剃ったりして抜く毛がなくなると抜けないので落ち着くみたい。

 

(ただし、剃ると抜く毛がなくなるので、やんない人も多いみたい。あと、やっぱり基本は必要な部分なので、剃るのは困るよね。)

 

 

 

ムダ毛を抜くクセが抜けないひとって、ちょびっとでも毛先が肌から出ていたらもう、毛抜きを手に取って抜くまで何も考えられない。

 

体に不自然に力が入ったりしたまま長時間緊張して毛を抜いてる。

 

 

こうなるともう脱毛するまで何時間でも何日でも無駄に費やしちゃうので、一刻も早く無料カウンセリングに行くことを強めにオススメしたい。

 

 

※一度脱毛を始めると、案外毛抜きのクセもなくなってきます。

 

 

 

毛抜きばっかりしていると、肩こりが激しくなるし、ストレスが溜まるし、それこそ人生を浪費しちゃう。

 

肌に負担をかけるので汚くなるのだけど、それでもやめられない。

 

 

 

毛抜きに使う時間があれば余裕で脱毛に行ける

 

例えばヘビーな毛抜きクセになると、1日2時間とか使うよね。

 

1ヶ月に60時間。

 

時給700円のアルバイトをしたとしても、1ヶ月で4万2千円。

 

余裕で全身脱毛のお金を捻出出来る。

 

 

この先10時間100時間、1000時間と毛抜きを続けると、ずっと大切な時間を、人生を失う事になっちゃう。

 

 

 

とにかくまずは抜かないこと。

 

抜いていいことなんてほとんどないです。

 

抜くくらいならば一度脱毛を体験して欲しいです。

 

 

案外安いし、ワキなんか子供のお小遣い程度で行けます♪

 

 

毛抜きで肌トラブルも起こさない人もたまにはいるけど、それでもリスクがとてもとても大きいので、これはガマンして欲しいな〜って思います。

 

関連ページ

毛抜きのおすすめは?痛くない抜きやすい毛抜きの選び方。
毛抜きも適当に選ぶと必要以上に肌を痛めたり、抜けなかったりします。 といっても高額なものを買う必要はないです。 高額なものを買うのでしたら、そのお金を脱毛のために使いましょう。
抜毛症とは?治った例はあるの?
抜毛症は色んな原因と、症状も少しずつ人によって違います。 いずれにしても一刻も早い対応が大事になります。