エステの強引な勧誘を受けた体験談

エステの強引な勧誘を受けた体験談。ホント怖かったよ〜!

既にエステの勧誘の術中にはまっている!

 

「エステの強引な勧誘を軽くかわす方法を教えてください!」

 

 

そんなのないよ。汗

 

 

というか、

 

 

その考え方がすでにエステの術中になっているんだよね。

 

 

どういうことかっていうと、

 

 

エステって施術のプロでもあるけど、それ以上に勧誘のプロ。

 

強引な店は、だけど。

 

 

それに素人が何を言っても軽くかわせると思う?

 

 

無理だよね、普通に考えて。

 

 

「だから、うまく断れる理由・言い訳を教えてっていってるだよ!」

 

 

その考えもエステの術中。

 

 

ど う し て か というと、

 

 

エステの強引な勧誘のテクニック

 

第一歩目が、

 

 

「断る理由を言わせる」

 

 

ってことだから。

 

 

「施術も最高だったし、わたしも是非とも続けたい気持ちはあるんです。でも、お金がないから今回は見送らせて、、、」

 

 

とまあ、きっとこんな感じだよね。

 

わたしもこんな感じだった。笑

 

 

これだと100%失敗。

 

窮地に陥るよ。

エステの勧誘は強引なだけじゃない。買わせる心理のプロ

 

エステで1000円だけで体験して帰るのって、少し後ろめたいよね。

 

 

やっぱり。

 

 

どう考えても赤字だもんね。

 

 

「施術も最高だった」

 

「続けたい気持ちはある。」

 

 

でも、

 

 

「仕方がない。」

 

 

「やりたくても出来ない」

 

 

そういう感じで断って帰りたいよね。

 

 

少なくともわたしはそう主張して帰りたい。笑

 

 

でも、それがエステ側の狙い目。

 

 

特にはじめから契約をしないつもりだった場合はより後ろめたいよね。

エステの勧誘は普通は断れないようになっている

 

「10万円って、はっきり言って安いよ!」

 

「もう今日を逃したらこの価格はないよ!」

 

「入会金だって、今日ならば無料だよ!」

 

 

 

「むしろ始めない意味がわからない!」

 

 

 

わたしの初エステ体験のときのこと。

 

実際の店長さんはもっとうまく喋っていたけど、でもまあ概してこんな感じ。笑

 

 

「ごめんなさい、ちょっとわたしには10万円は無理です。価値が高いサービスで最高だと思うし。でも今のわたしは5万円くらいが予算の限界でして。。。」

 

 

うん、うまく言えた♪

 

 

「わかりました。それでは少しお待ちください。」

 

 

よし、うまく言えた!

 

これで帰れる!

 

 

しばらくして店長さんが1枚の紙を持ってやってきました。

 

 

そこには改変されたメニュー。

 

 

10万円コースの半分というよりは少しいいかな〜、って感じのコースが表記されていました。

 

 

で、

 

 

料金が5万円。

 

 

「5万円ならやるって言ったよね?」

 

 

エーッ!

 

 

いよいよ追い詰められてしまいました。汗

エステの勧誘から逃れた経験

 

人間って、一度言っちゃったことを引っ込めるのってかなり難しいですよね。

 

 

本当は、

 

 

「あれは、ワタシの判断間違いでゴザイ!」

 

 

でいいのだけど。笑

 

 

でも、気持ち的になかなかそうもいかない。

 

 

特にこういったエステの勧誘の特殊な環境だとうまく頭も働かない。

 

 

そのうえ、

 

 

バッチリ断ることの罪悪感を植えつけられている。

 

 

もう、

 

 

断れない。

 

 

そう思いました。

 

 

でもね、

 

 

本当に支払うお金なんてない。

 

 

5万円も絶対に無理でした。

 

 

でも、もう断る言葉が全く出てこない。

 

 

ダンマリ

 

 

店長さんとにらめっこ

 

 

ダンマリ

 

 

、、、、、、

 

 

それはもう、泣きそうな顔で店長さんのセールストークを聞いて、

 

 

まだダンマリして、

 

 

もうセールストークというよりは、暴言になってたけど。

 

 

でも、絶対に

 

 

「契約する」

 

 

と言っちゃいけない事だけは確かなので、そのまま時だけが流れていきました。

 

 

たぶんね、次の人の予約時間が迫ってきてたのだと思う。

 

 

「あ〜、あ〜あ〜あ〜、わたしもうどっちでもいい!返事聞かせて?」

 

 

って、今まで散々契約しないって言い続けてたのだけど。

 

 

ごめんなさい!今日は契約出来ません!

 

 

「はい、かしこまりました。」

 

 

ようやくお店を出る事が出来ました。

普通はエステの強引な勧誘で契約させられると思う

 

あの時、支払う余裕があったら、あの環境から抜け出したくて契約していたかも知れない。

 

それから後の予約の人がいたおかげで助かったのだと思う。

 

 

もう二度と、エステの体験には行きたくない!

 

 

そう思ったのだけど、

 

わたしは記憶力がイマイチなので、

 

 

1年くらいすると忘れてまた同じような経験を繰り返していたのでした。笑

 

 

関連ページ

エステの強引な勧誘を軽くかわす方法
エステのトラブルの最大のものが強引な勧誘。本当に素人では考えにくいようなあらゆる手を使って勧誘してきます。意思を強くもつだけじゃなくって、対応する方法を身につけましょう。
エステの勧誘を断る言い訳に「お金がない」が一番最悪!
エステのトラブルの最大のものが強引な勧誘。本当に素人では考えにくいようなあらゆる手を使って勧誘してきます。意思を強くもつだけじゃなくって、対応する方法を身につけましょう。
脱毛サロンに行く前に強引な勧誘があるかどうか見抜く方法
脱毛サロンの強引な勧誘への対応を知っておく必要はあるのだけど、出来れば最初から勧誘をしないエステを見つけたいですね。
友達に誘われてエステに行ったら勧誘された
友達を連れてくる商法のエステ。店員の友達を強引に集める、客の友達を無理やり連れてこさせる、とにかく人間関係を壊す商法で悪質です。
エステの強引な勧誘で契約させられそうになったら
もしもエステの強引な勧誘で追い詰められたら?もう言い返せなくなったら?契約するしかない? そんなルールはありません。
強引な勧誘を断ったエステから電話がかかってこない?
強引な勧誘をするエステから電話がかかってくる事はないです。それには理由があります。
エステのクーリングオフ。脱毛の契約を解除したい!
エステの強引な勧誘に負けた!契約したけど後悔している。そういう場合にはクーリングオフがあります。契約によって適用される場合とされない場合があります。契約を解除したい場合はとにかく国民生活センターへ相談です。