エステの強引な勧誘を軽くかわす方法

エステの強引な勧誘を軽くかわす方法

エステの強引な勧誘を軽くかわして差し障りなく・角を立てず断る方法

 

 

「エステの強引な勧誘を軽くかわす方法を教えて!」

 

「上手な言い訳を考えて!」

 

「角を立てず差し障りなく断りたいのだけど?」

 

 

それが無理な話を前回しました。

 

これみてね ⇒ 「エステの強引な勧誘を受けてこわかった」

 

 

 

絶対に理由を言ってはいけない

 

エステで勧誘を断る時は、絶対に断る理由を言ってはいけないんです。

 

上手なひとは、

 

 

「また今度♪」

 

 

だけいいます。

 

 

いえ、ほんと。笑

 

 

だってさ、

 

 

「**が出来ないから契約出来ない」

 

 

**の言い訳が壊される

 

 

じゃあ契約できるよね?

 

 

「うっ、ぐう〜〜〜」

 

 

言い返せない

 

 

ってなるよね。

 

 

別にね、言い返せなくても契約する必要はないんだよ。

 

 

でも、断る理由を言って、それが覆されたらもう言い返せないよね。

 

 

実際そのまま勢いに押されて契約しちゃう人も多いです。

 

 

そうなったらもう毎日が辛いよね。

 

どうせ行ってもまた次のセールスが始まるし、そこのエステにいる限りセールスが続いて、安らぎが来ることはないです。

 

お金を失って不快な気分になるなんて!

 

 

 

エステって何よりも客の言い訳を崩すプロ

 

何を言ってもその言い訳を崩してしまう事は出来るんです。

 

もう入社時からずっとそういう専門的な訓練をしてきている。

 

そこに何も訓練していないわたしたちが行ってしまったら?

 

 

敗北は必至。笑

 

 

だよね。

 

 

言い合いではかなわないし、何より嘘の言い訳なんてすぐに言い返されちゃう。

 

 

「元々体験だけが目的でした、さようなら」

 

 

って言えばいいけど、それも結構きつい。笑

 

 

いや実際、

 

体験だけ目的じゃなくっても、

 

勧誘がこわかったらそこで通いたくならないよね。

 

 

もうしつこいセールスが始まった段階でそのエステとの関係は終わりなわけ。

 

差し障りなく角を立てず断りたいのはわたしも同じだけど、

 

 

断れば絶対に角が立つようなセールスをしてきている

 

 

わけなのですよ。

 

 

「絶対に行った日の契約はしない事にしてますから。」

 

「また今度」

 

「やっぱりお金がもったいなくなっちゃった。」

 

 

とにかく必要最低限だけ言って、それ以上は絶対に言わないこと。

 

 

「と、いいますと?」

 

「理由はなんですか?」

 

「では何のために来店されたのですか?」

 

 

全部答えなくてOKだよ!

 

 

うまい言い訳を思いついたとしても、それ絶対に浅知恵。

 

 

そこからうまく話が広がっていって、契約になるから。笑

 

いやほんと。

 

 

毎日エステの勧誘のことばっかり考えて練習し続けている人と勝負になるわけがないです。

 

わたしも今では勧誘に負けないけど、でもまともな言い合いになるとかなわない。

 

余計な事は絶対に言わないでくださいね。

 

 

 

もしも追い詰められてしまったら?

 

何度か言ったけど、別に言い負かされたからといって、契約しなくてはいけないルールなんて無いからね。

 

 

「しつこい勧誘にドン引きしました」

 

 

って言ってもいいし、笑

 

 

それがキツいなら、

 

 

「とにかく契約しません。帰ります。」

 

 

だけ連呼しましょう。

 

もう何も考えなくていいです。

 

 

何も考えずにそのまま席を立ちましょう。

 

考えるのはお店を出てからで間に合うので。

 

 

体験料があるなら支払って出てしまいましょう。

 

特別な事情がない限り領収書もいらないです。

 

 

 

■強引な勧誘にはこれだけ覚えておく!

 

 

・絶対に理由を言わないこと、

 

 

そして万一追い詰められたら、

 

 

「とにかく契約しません。帰ります。」

 

 

の連呼。

 

 

口コミもわからない未知のエステに入る時は、これだけ絶対に忘れずに行きましょう♪

 

関連ページ

エステの強引な勧誘を受けた体験談。ホント怖かったよ〜!
エステサロンの勧誘の事を何も知らずに体験に行くのは危険です。ひとつには勧誘のないサロンに行くのが一番。そして、勧誘に関する知識をもつのが大事です。
エステの勧誘を断る言い訳に「お金がない」が一番最悪!
エステのトラブルの最大のものが強引な勧誘。本当に素人では考えにくいようなあらゆる手を使って勧誘してきます。意思を強くもつだけじゃなくって、対応する方法を身につけましょう。
脱毛サロンに行く前に強引な勧誘があるかどうか見抜く方法
脱毛サロンの強引な勧誘への対応を知っておく必要はあるのだけど、出来れば最初から勧誘をしないエステを見つけたいですね。
友達に誘われてエステに行ったら勧誘された
友達を連れてくる商法のエステ。店員の友達を強引に集める、客の友達を無理やり連れてこさせる、とにかく人間関係を壊す商法で悪質です。
エステの強引な勧誘で契約させられそうになったら
もしもエステの強引な勧誘で追い詰められたら?もう言い返せなくなったら?契約するしかない? そんなルールはありません。
強引な勧誘を断ったエステから電話がかかってこない?
強引な勧誘をするエステから電話がかかってくる事はないです。それには理由があります。
エステのクーリングオフ。脱毛の契約を解除したい!
エステの強引な勧誘に負けた!契約したけど後悔している。そういう場合にはクーリングオフがあります。契約によって適用される場合とされない場合があります。契約を解除したい場合はとにかく国民生活センターへ相談です。