エステの勧誘を断る言い訳

エステの勧誘を断る言い訳に「お金がない」が一番最悪!

勧誘を断る理由に「お金がない」を言うな!

 

エステのセールスを断る時に

 

 

「お金がない」

 

 

これ、言いがちですよね。

 

 

わたしも何度も言った事があるのだけど、それでうまくいった試しがない。汗

 

毎回勧誘が過激になっていった気がする。

 

 

今ならばわかるのだけど、これって当たり前

 

 

エステの勧誘を断る時に理由・言い訳をいう事自体失敗だけど、中でも「お金がない」って言い訳は最悪。

 

 

絶対に言ってはいけないよ。

 

必ず勧誘が激しくなるから。

 

 

「でも、お金が無いって言えってサイトが多いよ?」

 

 

残念なことだけど、それらは全部悪質サイト

 

 

多くのサイトで書かれてあるから正しいとは限らないのです。

 

 

エステの強引な勧誘の対策
「お金がないことをさり気なくアピール」 (×)

 

 

勧誘されたらお金が無いと言う
「お金がないものは勧誘されないという鉄則」 (×)

 

 

これらは全部丸ごと悪質サイト。

 

残念ながら脱毛関係はエステだけじゃなくって、インターネット上にも悪質サイトが多い。汗

 

エステに申し込ませたら利益が出るものもあるので、

 

 

「エステに申し込ませて利益が出たらこっちのもの!」

 

 

悪意が無くても何も考えず、何も調べずに、行った事のあるフリをしてテキトーな誤った情報を出してる。

 

勧誘に関しては大部分の脱毛関連のwebサイトが間違ってるので、被害が減らない。ほんと単純な違いで運命変わるのに。

 

 

 

きちんとした人が書いてあるサイトだと必ず

 

「勧誘に理由や言い訳を返すな」

 

って言っているよ。

 

 

エステの強引な勧誘への返し方
「理由を言うほど勧誘される」 (○)

金がないと思われたら最後、勧誘がきつくなる

 

エステって、客をいくつかにわけて管理してる。

 

 

A:お金をたくさん持っている、末永く付き合いたい客

 

B:チョロイ客

 

C:お金を持っていない。

 

 

大きくわけるとこんな感じ。

 

まあエステも商売なので、客がお金を持っているかどうかが一番重要なのは当たり前だよね。

 

 

それで、

 

 

■あなたがAのお金持ちならば問題ないよね。

 

 

「お金持ちだ!」

 

 

とわかったら、あんまり粗末な事はしない。

 

多少はサービス過剰でもいいので、とにかく気に入ってもらう。

 

気に入ってもらえばまた来店して大金をこぼしてくれるので。

 

 

別に勧誘されても苦にならないよね。

 

それにお金持ちならばそんなにしつこい勧誘はしない。

 

だって、お店側も「この人に嫌われたくない」って思うから。

 

 

■Bの「チョロイ客」に関してはまた別にするけど、

 

⇒こっちで見てね。「チョロイと思われて放置したらどうなる?」

 

チョロイって思われたら最悪だよね。

 

お金の割に、サービスの質がどんどん下がっていく。

 

質の低いサービスでほどよくお金をこぼしてもらう事に専念される。

 

 

これも避けたいね。

 

 

でも、

 

 

 

一番マズイのがCの「お金がない客」

 

 

「(この客、お金がない、、、)」

 

 

そう思ったエステ側はどうするか?

 

ああ、もちろんいいエステもいっぱいあるけど、今回は悪徳エステを想定してるよ。

 

 

お金がない = 丁寧に接客して長く付き合っても意味がない

 

 

だよね。

 

すると次はどう考える?

 

 

 

「お金が無い」と言えば勧誘されないは完全な誤り

 

 

「出来る限り短期間で手間をかけず、搾り取れるだけ搾り取ろう!」

 

 

これしかない。汗

 

 

お店側から見たら、サービス良くしても見返りが全然ないので。

 

 

だからね、

 

 

 

悪徳エステで「お金がない」って言ったら、むしろ勧誘が激しくなる。

 

 

 

「ほかのエステで有り金を使い果たす前に、うちで使わせてしまおう。」

 

「あわよくばローンを組ませて逆さにして振っても1円も出てこないまで搾り取ろう」

 

 

これしかないです。

強引な勧誘をされにくくするコツ

 

まあ悪徳エステならば、こちらも長く付き合いたくはないけど、せめて体験とかの当日くらい穏便に終わりたいよね。

 

 

だったら答えはひとつ。

 

 

「お金がないと思われないようにする。」

 

これしかないね。

 

ただ、本当はお金がないので、お金持ちのフリはしなくてもいい。

 

でも、

 

B:チョロイ客
C:お金がない客

 

これの烙印を押されないこと。

 

 

A:お金がある客

 

「よくわからないけど、もしかしたらお金がある客かも知れない。。。」

 

このくらいに思わせるのがベスト!

 

 

なので最初に戻るけど、

 

 

絶対に「お金がない」だけは言わない方がいい。

 

 

良くないエステだと、お店側は手変え品変え、お金の話題をしてくると思うけど、

 

それにはあやふやに答えるか、無視するか、話題を変えるか、

 

とにかく「お金がない」と悟られないようにしましょう。

 

 

 

 

関連ページ

エステの強引な勧誘を受けた体験談。ホント怖かったよ〜!
エステサロンの勧誘の事を何も知らずに体験に行くのは危険です。ひとつには勧誘のないサロンに行くのが一番。そして、勧誘に関する知識をもつのが大事です。
エステの強引な勧誘を軽くかわす方法
エステのトラブルの最大のものが強引な勧誘。本当に素人では考えにくいようなあらゆる手を使って勧誘してきます。意思を強くもつだけじゃなくって、対応する方法を身につけましょう。
脱毛サロンに行く前に強引な勧誘があるかどうか見抜く方法
脱毛サロンの強引な勧誘への対応を知っておく必要はあるのだけど、出来れば最初から勧誘をしないエステを見つけたいですね。
友達に誘われてエステに行ったら勧誘された
友達を連れてくる商法のエステ。店員の友達を強引に集める、客の友達を無理やり連れてこさせる、とにかく人間関係を壊す商法で悪質です。
エステの強引な勧誘で契約させられそうになったら
もしもエステの強引な勧誘で追い詰められたら?もう言い返せなくなったら?契約するしかない? そんなルールはありません。
強引な勧誘を断ったエステから電話がかかってこない?
強引な勧誘をするエステから電話がかかってくる事はないです。それには理由があります。
エステのクーリングオフ。脱毛の契約を解除したい!
エステの強引な勧誘に負けた!契約したけど後悔している。そういう場合にはクーリングオフがあります。契約によって適用される場合とされない場合があります。契約を解除したい場合はとにかく国民生活センターへ相談です。