脱毛の用語の意味

脱毛の用語の意味

脱毛の基本的な用語

 

脱毛の基本的な用語です。

 

 

脱毛

 

毛を薄くする事、無くすこと、抜くこと。

 

最近は専門の所に通うなどして毛を生えないようにする事を指す事が多く、本サイトでもその意味で使用します。

 

参照:「脱毛とはどういう意味?」

 

 

永久脱毛

 

永久脱毛とは言っても、未来永劫1本も生えないという意味じゃないみたい。

 

参照:「脱毛と永久脱毛の意味の違いは?」

 

 

半永久脱毛

 

あまり意味のある言葉じゃないです。

 

永久脱毛の意味自体があやふやな使われ方をしているので、半永久脱毛がどういう意味か考えても仕方がないです。

 

とは言っても、使う人もいるので、少しだけ解説しました。

 

詳しくは ⇒ 「脱毛サロンは半永久脱毛?」

 

 

永久減毛半永久減毛

 

これもあまり意味がある言葉じゃないです。

 

一応話題にしてみました ⇒ 「脱毛と永久脱毛、半永久脱毛、永久減毛、半永久減毛ってなに?」

 

 

レーザー脱毛

 

基本は医療機関だけに許された高出力のレーザーを用いた脱毛。

 

医療レーザー脱毛とも呼ぶ。

 

まとまった料金が必要なかわり、効果も抜群。

 

最近は全国的に料金も値下がりして来ている。

 

参照:「レーザー脱毛とは」

 

 

医療レーザー脱毛

 

レーザー脱毛とほぼ同じ意味。

 

医師の管理下で行なわれるレーザーを使った脱毛。

 

レーザー脱毛は基本医師のいるクリニックでしか扱われない。

 

(例外もあり。エステで使用している例もあるが、法律的にOKかは謎。)

 

 

ソプラノ脱毛

 

医療レーザー脱毛の種類のひとつ。

 

痛みが小さく耐えやすい。

 

効果が少し低いと言われるけど、エステに比べると断然高い効果が得られる。

 

参照:「ソプラノ脱毛とバルジの脱毛の違いは?」

 

 

針脱毛

 

針脱毛とは針脱毛は、昔から永久脱毛と言われている脱毛法。

 

毛穴に針を刺して電気を通し、それで毛を生やす組織を破壊する脱毛法です。

 

ちょっとこわいよね。笑

 

なのでかなりの技術力が必要。

 

料金がかなり高額になるので不人気だけど、効果は抜群。

 

参照:「針脱毛とは」

 

 

光脱毛

 

主に脱毛サロン(エステサロン)が使用している脱毛法。

 

基本は医療レーザー脱毛と同じ仕組みだけど、出力が低いので効果が出る人と出ない人がいる。

 

フラッシュ脱毛、IPL脱毛など、呼び方は色々あるけど、脱毛サロンで光線を出して脱毛する方法は全て光脱毛だと思っていいです。

 

参照:「光脱毛って?」

 

 

ブラジリアンワックス脱毛

 

ワックスを塗って毛に絡めて、冷えて固まったら毛ごとベリッとはがす方法。

 

その場でツルツルになるのが最大のメリット。

 

想像したよりは痛くない。

 

参照:「ブラジリアンワックス脱毛とは?」

 

 

医療脱毛

 

医師の管理のもと、極めて高い効果が出る脱毛。

 

美容外科、美容皮膚科、皮膚科の一部で扱われる。

 

効果は抜群な反面、施術には国家資格を持つ医師や看護師が携わるので、料金もそれなりに必要。

 

しかし得られる効果を考えると、「脱毛サロンよりコストパフォーマンスがいい」というのが大体の経験者の感想。

 

参照:「医療脱毛って」

 

 

脱毛サロン

 

脱毛が出来るエステサロン。

 

脱毛だけに特化したエステサロンを指す事が多いけど、エステサロンで脱毛をしているところも脱毛サロンと呼ぶことも。

 

医療脱毛は脱毛サロンとは呼ばないのが一般的。

 

主に光脱毛を扱うところがほとんどだけど、一部針脱毛を使っている。

 

針脱毛は法律上、エステで使用していてはまずいので、別の名前で施術を行なっている事が多いです。笑

 

参照:「脱毛サロンってどう?」

 

 

 

フラッシュ脱毛

 

⇒ 光脱毛とは

 

 

・エステサロン

 

美容全般のサービスをするところ。
美顔・美白・痩身などなど、あとリラックス出来るコースも沢山。
脱毛だけをするところを脱毛サロンということが多いけど、あんまりキッチリ言い分けているわけじゃないみたい。

 

 

・クリニック

 

病院、お医者さんが常駐している診療所。
美容関係では美容外科、美容皮膚科などをクリニックっていいますね。

 

エステサロンと違い、明らかに大きな効果を残す行為は医療行為とされていて、
それは医師がいなくては出来ないのです。

 

「**ビューティークリニック」なんて言い方をするエステサロンもあったりするので、
「クリニック」という名前だけで判断すると誤解の原因に。

 

(例えば、たかの友梨ビューティークリニックはエステサロン。)

 

 

・サロン

 

美容関係の話題では大体はエステサロンの事をいいます。
(一般には人の集まりをサロンと言ったりします。)

 

 

 

 

・シェーバー
・電気シェーバー

 

毛を剃る器具。

 

「電気」とついていなくても電気シェーバーの事をさす人が多いです。

脱毛の基本的な用語、脱毛の仕組みについて

 

毛周期

 

毛が生え変わる周期のことです。

 

詳しくは ⇒ 「毛周期とは?」

 

 

埋没毛

 

まいぼつけ、まいぼつもう。

 

自己処理を行なったあと、毛先が肌の中に埋もれて出てこないもの。

 

肌のターンオーバーなどでそのうち出てくる場合もあるが、あまりに長期間続くと肌の色素沈着を起こす可能性があるので皮膚科などで相談するのがオススメ。

 

埋没毛が起きる起きないは体質によるので、なりやすいひとは自己処理を控える、深剃りをしないなど対策をしましょう。

 

※詳しくは ⇒ 「埋没毛とは」

 

 

 

バルジ領域

 

毛を生やす元になる「幹細胞」が出来るところ。

 

幹細胞とは体毛に限らず、体の組織を作る元になる細胞のこと。

 

※詳しくは ⇒ 「バルジ領域に作用する脱毛」

脱毛・ムダ毛処理などの言葉50音順

 

【あ行】

 

アレキサンドライトレーザー

 

レーザーの一種。脱毛のレーザーとしては一番普及している。

 

参照:「アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー」

 

 

医療脱毛

 

医療の脱毛。

 

エステサロンと違い医師資格の持つ者が管理する効果の高い脱毛。

 

 

医療レーザー脱毛

 

レーザーを使った医療脱毛

 

 

医療針脱毛

 

あまりこういう言い方はしないけど、医療の針を使った脱毛。

 

効果は高いけど料金も高いので不人気。

 

参照:「針脱毛とは?」

 

 

医療光脱毛

 

これもあんまりこういう言い方はしないけど、医療で扱う光脱毛。

 

通常は医療はレーザー脱毛が主流だけど、希にはレーザーじゃない装置を使う事も。

 

 

埋もれ毛

 

⇒ 埋没毛のこと

 

 

 

エステサロン

 

美容に関するサービスが受けられるところ。

 

脱毛に特化したエステサロンを脱毛サロンと呼ぶことも。

 

 

 

【か行】

 

カウンセリング

 

脱毛を受ける前に行われる説明をカウンセリングと呼ぶ事が多いです。

 

どこの脱毛でも必ず受けます。

 

最近は無料の場合が多いです。

 

参照:「カウンセリングってなに?」

 

 

クーリング

 

冷やす事。

 

脱毛時には肌に高熱をかけるので、冷やさなくてはいけない。

 

最近は冷やしながらの脱毛器もあり。

 

クーリングオフとは全く別。

 

 

クーリングオフ

 

 

 

 

【さ行】

 

除毛クリーム

 

塗って数分放置して取り除くと毛も一緒に取れるクリーム。毛穴の中には効果ない。脱毛クリームと呼ばれるもの、実際は除毛クリーム。

 

参照:「除毛クリームについて」

 

 

シェービング

 

剃ること。

 

 

絶縁電気針脱毛

 

針脱毛のこと

 

 

ソプラノ脱毛

 

痛みが小さいレーザー脱毛。扱っているクリニックは少ない。

 

参照:「ソプラノとメディオスター」

 

 

 

【た行】

 

ダイオードレーザー

 

ダイオードとは人工の結晶を使った素子。

 

レーザーやLEDなどの照明、コンピューターなどさまざまなテクノロジーに使われている。

 

ダイオードレーザーはダイオードを使用したレーザー。

 

人工の結晶を使用しているので、レーザーが制御しやすい。

 

参照:「アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー」

 

 

脱毛クリーム

 

除毛クリームの事。毛穴の中から毛が取れるわけじゃない。希にそういう広告も見かけるけど、実際はそのような効果は無い。

 

参照:「脱毛クリームについて」

 

 

脱毛サロン

 

脱毛ができるエステサロン。

 

美顔や痩身などの総合サロンもあるし、脱毛のみに特化したサロンも。

 

参照:「脱毛の種類」

 

 

多毛症

 

体毛が個人差を超えて大量に生えること。

 

単に毛深いだけでは多毛症とはいわない。

 

参照:「多毛症の治療と脱毛の方法」

 

 

【な行】

 

ニードル脱毛

 

針脱毛のこと。

 

 

 

【は行】

 

抜毛症(ばつもうしょう)

 

どうしてもいつの間にか毛を抜いてしまう症状。

 

毛を抜くまで何も考えられない。

 

一般に必要な毛を抜く症状で、ダメだと思っていても止められない。

 

無駄毛の抜くクセは少し意味合いが違うけど、それも止められない人が多い。

 

参照:「抜毛症は止められない?」

 

 

針脱毛

 

毛穴に針を刺して電気を通す脱毛法。

 

痛みがあり肌トラブルも多く高額になりがち。

 

効果には定評がある。

 

参照:「針脱毛とは」

 

ハヤブサ脱毛(HAYABUSA脱毛)

 

KM新宿クリニックに導入された、新技術のレーザー脱毛。

 

バルジ領域という部分に作用する事で、痛みも少なく効果も高い脱毛方法。

 

参照:「KM新宿クリニックに行ってきた

 

 

バルジ領域

 

毛を生やす大元になる「幹細胞」と呼ばれる細胞が出来る場所。

 

バルジ領域を温める脱毛法だと痛みも小さく効果も高い。

 

参照:「バルジ領域に作用する脱毛法」

 

 

光脱毛

 

⇒ 光脱毛とは

 

 

美容電気脱毛

 

針脱毛と思っていいです。

 

エステサロンで行なわれている脱毛法だけど、

 

大人の事情で「針脱毛」と言ってはいけない。笑

 

 

 

【ま行】

 

埋没毛とは

 

毛を剃ったり抜いたりした後に、新たに伸びてきた毛先が皮膚表面から出てこられなくなったもの。

 

参照:「埋没毛とは。対策は?」

 

 

メディオスター

 

近年開発されたレーザー脱毛の装置。

 

毛根を焼く方法ではなく、バルジ領域という部分を温めて脱毛する。

 

痛みが小さく効果も高い。

 

参照:「メディオスターとは?」

 

 

毛根

 

毛の根っこ。

 

肌の内部に埋まっている毛の太い根元をさす場合が多いけど、毛を生やす組織(毛包、毛乳頭など)を毛根という場合も。

脱毛の英語・アルファベットの用語

 

HAYABUSA脱毛

 

⇒「ハヤブサ脱毛」へ移動

 

 

IPL脱毛

 

IPL = Intense Pulsed Light(インテンスパルスライト)

 

脱毛では光脱毛のことと考えていれば意味が通ります♪

 

脱毛以外にも美白・美肌施術にも用いられます。

 

参照:「光脱毛って?」

 

 

YAGレーザー

 

レーザーの一種。

 

ヤグレーザーと読む事が多い。

 

YAGレーザーの脱毛機は、レーザーが深いところまで届くので、毛根が深い人にも有効。

 

 

脱毛の用語の意味記事一覧

脱毛と永久脱毛、半永久脱毛、永久減毛、半永久減毛の意味の違いは?

半永久脱毛?永久減毛????こういうの覚えなくていいよ。笑単なる言葉遊びなので。脱毛、永久脱毛、半永久脱毛、永久減毛、半永久減毛ああっ、もう何が何だか。汗以前は、「それは、半永久減毛です!」とか、賢しげに言う人がいたけど、最近はいないです。笑永久脱毛 = 毛が完璧になくなって1本も生えないというわけ...

≫続きを読む

 

埋没毛とは。

埋没毛というのは、毛穴から毛が出てこられなくなって、肌の中で伸びていく現象。痛くはないのだけど、明らかにおかしいよね。くるくるスチールウールみたいに巻きながら伸びるものもあるし、肌の中をまっすぐ伸びるのもある。まっすぐ伸びる方がやっかいかな〜。取り出しにくいし。ただ、くるくる巻いちゃう方が肌を傷めや...

≫続きを読む